1LDK/2K/2DKの中古マンション

2件中 1-2件を表示  

神奈川県横浜市港北区大倉山1丁目 
(東急東横線/大倉山駅 徒歩5分 分 - バス/徒歩)
2,280 万円 (ライオンズマンション大倉山第3) 物件種別: 中古マンション

2DK(43.45m2

リノベーション済。「大倉山」駅徒歩5分。最上階の角部屋です。 


神奈川県横浜市神奈川区六角橋4丁目 
(東急東横線/東白楽駅 徒歩15分 分 - バス/徒歩)
2,490 万円 (シャンボール白楽) 物件種別: 中古マンション

1SLDK(48.60m2

横浜市営地下鉄ブルーライン「片倉町」駅より徒歩17分。フラット35S適合物件。リノベーション済。最上階住戸、陽当たり良好です。 


2件中 1-2件を表示  
こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線


ほかの条件で検索する



中古マンションの1LDK/2K/2DK、どれを選ぶか|不動産投資では賃貸需要の傾向も考慮

中古マンションの間取り表示に見られる1LDK/2K/2DK。1LDKとは、居室とは仕切られたキッチンが8帖以上の間取りのこと。2K、2DKでは仕切られたキッチンの他に居室が2つあり、キッチンの大きさが2Kでは4.5帖以下、2DKでは4.5?8帖の間取りです。


中古マンション購入を考えるとき、例えば同じ専有面積でも間取りが1LDK/2K/2DKと異なるとき、いずれを選ぶか迷うことがあるかもしれません。居住用として検討する時には、自身が単身なのか、カップルなのか、ファミリーなのかによって、必要になるキッチンの大きさ、居室数が決まってきます。


投資用として賃貸利用を考えるならば、どうでしょうか?一般的に、キッチンとして8帖以上取れるような広さがあれば、利用者が単身者に限定される1LDKとするよりは、カップルやファミリーでの使用も可能な2Kや2DKといった間取りにするのが通常で、1LDK物件は希少でした。賃す側からすれば、より借り手の間口を広げて空室になる機会を減らしたいためです。


しかし近年は、単身者でもより広い空間を望む声が多く、1LDK間取りの人気が高まってきて、そのニーズを満たすために1LDKの部屋を取り入れる物件が増えているそうです。その地域での賃貸需要の傾向も、情報としてしっかり取り入れて、中古マンションの間取りを選ぶと良いですね。