横浜市営地下鉄ブルーラインの中古マンション

10件中 1-10件を表示  

神奈川県横浜市神奈川区六角橋4丁目 
(東急東横線/東白楽駅 徒歩15分 分 - バス/徒歩)
2,190 万円 (シャンボール白楽) 物件種別: 中古マンション

1SLDK(48.60m2

横浜市営地下鉄ブルーライン「片倉町」駅より徒歩17分。フラット35S適合物件。リノベーション済。最上階住戸、陽当たり良好です。 


神奈川県横浜市都筑区荏田南5丁目 
(横浜市営地下鉄ブルーライン/センター南駅 徒歩18分 分 - バス/徒歩)
2,490 万円 (港北ニュータウンみずきが丘20‐1号棟) 物件種別: 中古マンション

3LDK(93.01m2

東急田園都市線「江田」駅徒歩22分。全15棟・総戸数388戸のビッグコニュニティ。両面バルコニーにつき、日照・通風良好です。 


神奈川県横浜市都筑区荏田南5丁目 
(横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンライン/センター南駅 徒歩18分 分 - バス/徒歩)
2,680 万円 (みずきが丘住宅11号棟) 物件種別: 中古マンション

3LDK(77.36m2

リノベーション済。2駅利用可能です。 


神奈川県横浜市中区本牧大里町 
(JR根岸線・東海道線・東急東横線・横浜市営地下鉄ブルーライン・相鉄本線/横浜駅 バス39分「本牧大里町」停歩1分 分 - バス/徒歩)
2,880 万円 (コスモ本牧三溪園) 物件種別: 中古マンション

3LDK(70.40m2

JR根岸線「石川町」駅バス17分「本牧大里町」停歩1分。既存住宅売買瑕疵保険加入可能。ルーフバルコニー使用料無償です。 


神奈川県横浜市神奈川区片倉2丁目 
(横浜市営地下鉄ブルーライン/三ツ沢上町駅 徒歩11分 分 - バス/徒歩)
3,180 万円 (三ツ沢パーク・ホームズ参番館) 物件種別: 中古マンション

3LDK(79.33m2

リフォーム済。コーナーバルコニーを備えた陽当たりの良い東南角部屋。片倉自然公園やスーパーなども近く、生活環境良好です。 


神奈川県横浜市港北区大豆戸町 
(東急東横線/大倉山駅 徒歩10分 分 - バス/徒歩)
3,280 万円 (藤和大倉山コープ) 物件種別: 中古マンション

2LDK+S(66.15m2

JR横浜線・東海道新幹線・横浜市営地下鉄「新横浜」駅徒歩17分。リノベーション済です。 


神奈川県横浜市都筑区加賀原1丁目 
(横浜市営地下鉄グリーンライン/川和町駅 徒歩16分 分 - バス/徒歩)
3,290 万円 (シンフォニックヒルズかがやきの街12号棟) 物件種別: 中古マンション

3LDK(94.42m2

横浜市営地下鉄ブルーライン「センター南」駅よりバス17分「加賀原」停歩2分。フラット35S適合物件。住宅ローン減税適合物件。3面バルコニーです。 


神奈川県横浜市神奈川区六角橋2丁目 
(東急東横線/白楽駅 徒歩6分 分 - バス/徒歩)
3,299 万円 (ペガサスマンション白楽) 物件種別: 中古マンション

2LDK(55.67m2

フラット35S利用可能物件。リノベーション。新耐震基準マンション。大規模修繕工事実施済(2019.6)。5階部分南東角部屋、陽当たり・通風・眺望良好です。 


神奈川県横浜市西区平沼1丁目 
(JR・私鉄各線/横浜駅 徒歩10分 分 - バス/徒歩)
4,099 万円 (ピュアシティ横浜6) 物件種別: 中古マンション

2LDK(51.41m2

京浜急行線「戸部」駅徒歩5分。フラット35S利用可能物件。新規内装リノベーション済。免震構造マンション。南西向き5階部分につき、陽当たり・眺望良好。ペット飼育可(細則有)です。 


神奈川県横浜市都筑区大棚西 
(横浜市営地下鉄グリーンライン・ブルーライン/センター北駅 徒歩10分 分 - バス/徒歩)
5,190 万円 (フォレストパーク四季彩の丘F棟) 物件種別: 中古マンション

3LDK(75.65m2

フラット35S適合物件。住宅ローン減税適合物件。リノベーション済。「センター北」駅より徒歩10分です。 


10件中 1-10件を表示  
こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線


ほかの条件で検索する



横浜市営地下鉄ブルーライン情報

正式名称を「横浜市高速鉄道1号線・3号線」と言います。 藤沢市にある湘南台駅から、横浜市青葉区にあるあざみ野駅までの32駅を結ぶ、横浜市営地下鉄が運営する鉄道路線です。近隣には戸建て・中古マンション共に戸数が多く、様々な条件で物件を探すことが可能です。


路線の正式名称である1号線は、途中の関内駅を境にして、湘南台駅から関内駅の間まで。 3号線が関内駅からあざみ野駅までの間となっています。


しかし、すべての列車が1号線と3号線を直通運転しているため、関内駅を始発・終着とする列車は上り下りともに運行されてはいません。 車内でも駅構内でも1号線や3号線という案内はありません。 路線の愛称である「ブルーライン」を正式に運用開始したのはグリーンラインと呼ばれる4号線が開業した2008年3月30日からで、愛称は公募で決定されました。 愛称の由来としては、「青」が横浜を象徴するカラーであり、開業当時から車両やサインなどで使用されてきたもので、路線のイメージカラーとして認識が定着していると判断されたということのようです。


4号線が開通することで、交通局の運営する地下鉄路線がひとつではなくなることから、愛称を公募したのです。 今後は、終点のあざみ野駅から青葉区のすすき野付近までを、さらに最終的には川崎市麻生区の新百合ヶ丘駅までの延伸が計画されています。


閑静な住宅地という言葉がぴったりこのエリアは、どんな世代の暮らしにもぴったりで、中古マンションでの暮らしをご検討されている方にもおすすめできるエリアと言えます。