相模鉄道の中古マンション

大変申し訳ございません。ただいま新着物件情報を登録中です。

すぐに物件情報を取り寄せたい場合は、物件リクエストフォームよりご依頼いただければ、早急にご希望にあった物件をご連絡いたします。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

お電話の場合は、お客様専用ダイヤル0120-97-2139へどうぞ。(水曜定休・営業時間9時半?20時)


こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線


ほかの条件で検索する



相模線ミニ知識

JR相模線は、茅ヶ崎市にある茅ヶ崎駅と相模原市にある橋本駅を繋ぐJR東日本の鉄道路線です。 神奈川県を厚木市、海老名市などを経て、縦にまっすぐ走破する路線です。 地元では「ガミ線」と呼ばれ、親しまれています。


元は相模鉄道(相鉄、現在は相鉄ホールディングス)の路線として開業しましたが、後に国有化され、現在はJR東日本の一路線となっています。 東海道本線と中央本線とを結ぶバイパス路線として、地域に貢献しています。 終点の橋本駅は、以前からリニア中央新幹線停車駅の候補として盛り上がっています。


厚木・海老名で小田急小田原線、茅ヶ崎では湘南新宿ライナーが都心とを繋いでくれていて、沿線の地域住民を東京方面とをつなぐ架け橋として大切な役割を担っています。このように、様々な路線との乗り継ぎが可能なため、中古マンション探しにおいてもおすすめできます。


開業が(全線ではないものの)1921年と古く、当時は相模川の砂利輸送に利用されていました。 相模線の沿線人口は、1960年代でみると、相模原市が約20万人(現在は71万人余)、厚木市では8.9万人(現在は22万人余)に過ぎませんでした。 それが高度経済成長後の1980年代に入り、沿線がベッドタウン化したことから現在のような運行形態になったものです。 どちらも今では大変に大きな都市として機能しています。 この両市を中心にして、周辺地域の人口は増加していて、現在もマンションや戸建住宅の建設が盛んです。また、これに伴い、中古マンション市場も活性化しているエリアと言えるでしょう。