世田谷区の中古マンション

3件中 1-3件を表示  

東京都世田谷区下馬2丁目 
(東急田園都市線/三軒茶屋駅 徒歩11分 分 - バス/徒歩)
3,599 万円 (下馬コンド) 物件種別: 中古マンション

2LDK(46.14m2

山手線「渋谷」駅バス18分「西澄寺」停歩1分。フラット35S利用可能物件。新規内装リノベーション。長期修繕計画有り。最上階・南西角部屋、陽当たり・眺望・通風良好です。 


東京都世田谷区上用賀2丁目 
(東急田園都市線/用賀駅 徒歩18分 分 - バス/徒歩)
4,099 万円 (馬事公苑前ハイム2号棟) 物件種別: 中古マンション

4SLDK(97.32m2

東急田園都市線「用賀」駅バス5分「桜ヶ丘3丁目」停歩1分。フラット35S利用可能物件。新規内装リノベーション工事実施。上層階、三方角部屋、陽当たり・眺望・通風良好です。 


東京都世田谷区下馬1丁目 
(東急東横線/祐天寺駅 徒歩12分 分 - バス/徒歩)
6,390 万円 (藤和シティホームズ世田谷下馬) 物件種別: 中古マンション

3LDK(63.99m2

リノベーション済。すまい給付金申請対象物件。7階部分、陽当たり・眺望良好です。 


3件中 1-3件を表示  
こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線


ほかの条件で検索する



世田谷区ミニ知識

23区の中では南西部に位置し、区の南側境界は多摩川で断たれ、対岸は神奈川県域となります。 東京23区の中では、杉並区と並んで”閑静な住宅地”としてのイメージが強いですが、それもそのはず、江戸時代には御府内といって江戸の市域には含まれていない、村落でした。

明治時代の旧東京市15区でもそこには含まれず、交通機関が発達してから、急激に人口が増え始めました。


関東大震災による被災者難民の疎開地として、下町から多くの人が流入して住み着きはじめ、当時の雑踏と下町の状態を引き継いだ町並みができあがることになり、そのまま定着してしまったことから、現在でも複雑な住宅地の地形や狭小幅でくねくねとした道路などがそのままになっているところがあります。 そのような状態のため、区画整理や再開発も簡単にはできないことから、大きな商業施設の建設を許さず、いまでも”閑静な住宅地”としての体裁を保っているのです。騒がしくないエリアで中古マンション暮らしをしたい方には、特におすすめのエリアと言えるでしょう。


世田谷区の推計人口は、東京23区中最多の87万人程度で、これは丁度山梨県全体の人口とほぼ同じくらいだと言いますから驚きです。 東京郊外という立地から、多くの私立学校・大学などが新設・移設され続け、人口そのものも多い区ですが、学校数も大変な数にのぼっています。