5000万円台の中古マンション

大変申し訳ございません。ただいま新着物件情報を登録中です。

すぐに物件情報を取り寄せたい場合は、物件リクエストフォームよりご依頼いただければ、早急にご希望にあった物件をご連絡いたします。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

お電話の場合は、お客様専用ダイヤル0120-97-2139へどうぞ。(水曜定休・営業時間9時半?20時)


こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線


ほかの条件で検索する



5000万円の中古マンションで不動産投資のポイント|資産価値の見極めを

中古マンション購入の際の予算を5000万円台と考えるとき、都内で相場が最も高い港区でも広めの1LDK?、物件や地域によっては都内でも一棟買いを検討することが可能です。一棟の中古マンションを5000万円台で購入する場合、不動産投資としての購入が考えられます。こういった不動産投資のポイントを押さえておきましょう。


一棟をマンション経営する利点は、空室リスクの分散にあります。1部屋だけの所有では、空室になれば家賃収入はゼロですが、一棟ではよほどのことがない限りゼロにはなりません。また、土地付きで耐用年数の高い構造種類の一棟マンション購入では、銀行からの融資を受けやすいという利点もあり、自己資金が少なくても、よりよい投資となる可能性があります。


また資産価値を考える際、建物だけでなく、土地の形状や接道状況も重要なポイント。これらが優れている物件は、資産価値が落ちにくいと言えます。広さや間取りだけにこだわらず、立地・外観・周辺環境などを総合判断し、賃料設定を行うことが成功のポイントです。


築年数が古い中古マンションの購入前には、入居者情報、修繕履歴、管理状況を必ずチェックします。管理状態が悪ければ修繕費用がかさむ可能性があります。不動産会社担当者への相談はもちろん、自身でも足を運んで確かめてみることをお薦めします。