HOME > 任意売却をお考えの方へ > 必要な書類は何ですか

必要な書類は何ですか

任意売却の手続きを始めるにあたり、いろいろと用意していただく書類があります。ここでは一般的な例をあげましたが、債権者(=金融機関など)によって若干異なる場合がありますから、詳しくは手続開始の際に確認していきましょう。

コピーを用意していただく必要書類

■物件の売買契約書および重要事項説明書(購入時)
■物件のパンフレット、販売図面、設計図面など(間取りがわかるもの)
■登記済権利証(登記識別情報が発行されている場合は除く)
■住宅ローン借入先などから送付された書類(催告書、督促状等、原則すべての書類)
■土地と建物の評価証明書
■固定資産税および都市計画税の納付書などです。

※売却物件がマンションならば、管理会社名とその連絡先をお知らせください。

物件の写真を撮影したいただく場合、外観写真を2~3枚、各居室、キッチン、バスルーム、トイレ、バルコニーなどを鮮明に写してください。

原本を用意していただく必要書類

■所有者本人の印鑑証明書

こちらからお渡しする書類

■専任媒介契約書または専属専任媒介契約書
■委任状
■任意売却に関する申出書
■抵当権抹消応諾申請書
■実査チェックシート(戸建用とマンション用があります)
■生活状況申出書
■マンション現状報告書(マンションの場合)などです。

我々任意売却の専門家にご相談ください

今後の支払いを憂慮して任意売却を検討されているのであれば、時間的な余裕も少しはありますが、すでに住宅ローンの滞納が進んでいる方や金融機関などからの督促状が頻繁に舞い込むような状況に陥っている方にとっては、残された時間があまりありません。手続には時間がかかりますから、迷っている場合ではないですし、考えすぎては手遅れになるかも知れません。
まずは、ご自身の状況を我々任意売却の専門家にご相談ください。

神奈川県専門。ご相談料無料。そのお悩み、プロにお任せ下さい。
まずは一度、ご相談ください