HOME > 税金について

税金について

滞納税金がある時は交渉がポイントに

滞納税金による差押がついた住宅の任意売却では、債権者と自治体に対し、差押を解除するための各交渉を希望通りに進めることがポイントになります。交渉に長けた業者に依頼することが重要です。

『滞納税金がある時は交渉がポイントに』の詳細はこちら

税金の滞納処分による差押がある場合

税金の滞納処分として住宅に差押がついたままでは任意売却はできず、自治体に差押を解除してもらう必要がありますが、この手続きは困難です。予め差押とならないように相談する必要があります。

『税金の滞納処分による差押がある場合』の詳細はこちら

滞納した固定資産税はどうなるの?

固定資産税の滞納による差押がなければ、任意売却をしても支払い義務はそのまま継続します。差押があれば、滞納の一部が解除料として債権者から支払われますが、そもそも買主が見つけにくくなります。

『滞納した固定資産税はどうなるの?』の詳細はこちら

神奈川県専門。ご相談料無料。そのお悩み、プロにお任せ下さい。
まずは一度、ご相談ください