横浜市営地下鉄ブルーラインの一戸建て

10件中 1-10件を表示  

神奈川県横浜市都筑区荏田南町 
(横浜市営地下鉄ブルーライン/中川駅 徒歩14分 - バス/徒歩)
3,480 万円 (中古一戸建て

3LDK(建物面積:69.36m2

フラット35適合物件。リノベーション住宅。建物現況調査報告書発行済。ロフト付です。 


神奈川県横浜市港北区高田東3丁目 
(横浜市営地下鉄ブルーライン/高田駅 徒歩約10分 - バス/徒歩)
3,748 万円 (中古一戸建て

3LDK(建物面積:88.6m2

リフォーム済。ブルーライン「高田」駅より徒歩約10分です。 


神奈川県横浜市港北区岸根町 
(横浜市営地下鉄ブルーライン/片倉町駅 徒歩9分 - バス/徒歩)
4,380 万円 (新築一戸建て

4LDK(建物面積:96.03m2

フラット35S(金利Bプラン)。駅徒歩9分。全居室ペアガラスです。 


神奈川県横浜市都筑区大熊町 
(横浜市営地下鉄ブルーライン/仲町台駅 徒歩17分 - バス/徒歩)
4,980 万円 (新築一戸建て

4LDK(建物面積:105.16m2

オール電化住宅。LDK21帖。カースペース3台可能(車種による)。陽当たり良好です。 


神奈川県横浜市青葉区美しが丘西3丁目 
(東急田園都市線/たまプラーザ駅 バス15分「保野」停歩4分 - バス/徒歩)
5,980 万円 (新築一戸建て

4LDK(建物面積:98.12m2

小田急線「新百合ヶ丘」駅よりバス18分「潮見台」停歩12分。フラット35S利用可。2×4工法。吹付泡断熱施工。耐震等級3(最高ランク)。LD一部天井高約2.6mです。 


神奈川県川崎市宮前区有馬6丁目 
(東急田園都市線/鷺沼駅 徒歩18分 - バス/徒歩)
6,580 万円 (新築一戸建て

4LDK(建物面積:114.26m2

「制震ユニット」ミライエ。HEMS・太陽光・蓄電池導入。ロフト付です。 


神奈川県横浜市港北区篠原西町 
(東急東横線/白楽駅 徒歩12分 - バス/徒歩)
7,480 万円 (中古一戸建て

5SLDK(建物面積:140.21m2

2路線2駅利用可。リノベーション済。軽量鉄骨造2階建て、5SLDK。2階のリビングは陽当たり・通風良好です。 


神奈川県川崎市宮前区菅生3丁目 
(東急田園都市線/溝の口駅 バス21分「聖マリアンナ医大下」停歩4分 - バス/徒歩)
3,990万円~4,090 万円 (新築一戸建て

4LDK(建物面積:91.28㎡~92.32m2

フラット35S対応。すまい給付金対象。設計住宅性能評価書取得済、建設住宅性能評価書取得済。完成済です。 


神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢下町 
(横浜市営地下鉄ブルーライン/三ツ沢下町駅 徒歩7分 - バス/徒歩)
4,580万円~5,180 万円 (新築一戸建て

4LDK(建物面積:91.12㎡~95.47m2

駅からほぼ平坦。エネファーム装備。ロフトあり。駐車2台可(車種による)です。 


神奈川県横浜市港北区大曽根台 
(東急東横線/大倉山駅 徒歩12分 - バス/徒歩)
6,480万円~6,580 万円 (新築一戸建て

4LDK(建物面積:119.24㎡~121.10m2

南西ひな壇、陽当たり・眺望良好。小屋裏収納あり。カースペース2台駐車可です(車種により異なります)。 


10件中 1-10件を表示  
こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線

ほかの条件で検索する


ブルーライン沿線で一戸建て中古を探す際の参考に|購入経験者が気になった点は?

湘南台駅からあざみ野駅を結ぶ横浜市営地下鉄ブルーライン。周辺にはベッドタウンとして開発された地域もあり、乗り換えによって都心へのアクセスもスムーズなので、一戸建て購入の際に、ブルーライン沿線を候補地として考えるケースもあるでしょう。私たちホームスタッフの場合は、仲介手数料が最大無料になりますから、お得にブルーラインでの暮らしを実現できるお手伝いが可能です。


もし、このエリアで中古の一戸建てを探す際にも、住宅購入経験者の声を知っておくと参考になります。購入者の多くが、住宅の構造や耐震性能に安心を求めていることが、データから分かります。


近年人気が高まっている中古の一戸建てをブルーライン沿線で探すとき、これまでの住宅購入経験者の声を知っておけば、どのような点をポイントに物件を選べばよいのか参考になります。


まず「中古住宅の購入を決めた理由」は「第一位:希望エリアの物件だった」「第二位:予算にあった価格だった」「第三位:物件の内容が良かった」となっています。「既存住宅購入に求める改善点は?」という問に関しては「第一位:構造上の性能保証・アフターサービス」「第二位:修繕・補修の履歴情報の提供」「第三位:リフォーム融資の拡充」が挙げられています。ブルーライン沿線エリアでも、東日本大震災で大きな揺れを観測しましたので、物件のコンディションはチェックすべきポイントと言って良いでしょう。


また、売主側から見ても、早く適正価格で住宅を販売したいなら、建物検査の実施や修繕履歴の提示など、買い主が安心できる資料を揃えることが、ポイントのひとつと言えそうですし、逆にそのような証明を提示してくれた物件であれば、購入対象として考えてみてもいいかと思います。


物件リクエスト受付中

ご来店のご予約はこちらから

お問い合わせフォーム

お探しの方はこちら

ご予約フォーム

物件リクエスト

駅から探す

 

エリアから探す

 

沿線から探す

 

価格から探す

 

間取りから探す

 

建物面積

 

土地面積

 

こだわり条件