HOME > 仕事や職業に関する住宅ローンのお悩み > 転職による住宅ローンの大きな負担

転職による住宅ローンの大きな負担

最近では、終身雇用という雇用形態がなかなか成立しないことから、住宅ローンが残っているにも関わらず転職を余儀なくされてしまうことも珍しいことではありません。

住宅ローンが多く残っている状態での就職活動は不安も多く、先の見通しが立ちにくいですし、再就職ができたとしても今までの給与水準が維持できるかどうかの保障もあるわけではありません。

そのような状況のときには、すべての状況に当てはまるケースではありませんが、一般的な不動産売却を検討すると共に、任意売却によって一度、住宅ローンから解放され、月々の支払いの負担から解放されるようにすることも決断しなくてはならないかもしれません。

もっとも、任意売却にはデメリットもありますので、プロに相談しながら不動産の整理を検討するのが良いでしょう。一般的な売買を行うことで、十分解決できる場合もありますので、スピーディーに行動することが重要です。

リンク 身内に援助してもらえる人がいるのであれば、状況は異なってきますが、住宅ローンの支払いを滞納したり競売にかかってしまうという将来的なリ

スクもありますので、決断をするのであれば早い方がメリットが大きいのはいうまでもありません。 支払いを滞納してしまったことによる高額な延滞利息を支払うことや、競売によって市場での価値よりも低い価格で取引されてしまうよりも、自ら適正な価格で不動産を手放すことにより、住宅ローンからも信用を失ってしまうのでは?という不安からも解放されることが可能になります。

大きな決断をするにあたっては、不安なこともあると思いますので、繰り返しにはなりますが、信頼のおける不動産業者などにお早めに相談してみることをおすすめします。

神奈川県専門。ご相談料無料。そのお悩み、プロにお任せ下さい。
まずは一度、ご相談ください