HOME > 仕事や職業に関する住宅ローンのお悩み > 自営業の方が返済に困難になった場合

自営業の方が返済に困難になった場合

自営業の方が返済に困難になった場合

マイホームを購入している人の中には、自営業をされている方も多くいると思いますが、一般的な20年~35年という期間の間には、事業の方もうまくいっている時もあれば思わしくないという時もあると思います。

とくに、毎年売り上げが少しずつ減少しているような場合では、現状では住宅ローンの支払いができている状態でも、次第に返済が困難になってしまうのではないか?といった漠然とした不安が生じてしまうものです。

自営業の方こそ、迅速に行動を移すことをおすすめいたします

自営業をされている方であれば、住宅ローンの支払日に決済できないということが、将来にわたって大きく影響してくることは十分できますし、だからこそ返済が困難になってしまわないうちに、早い段階から対策を考える必要があるものです。

対応が遅くなってしまって、差し押さえや競売にかかってしまってからの対応では手の打ちようがないケースがほとんどですし、事業の信用などにも影響を及ぼしてしまうこともありますので注意が必要です。


関連記事

神奈川県専門。ご相談料無料。そのお悩み、プロにお任せ下さい。
まずは一度、ご相談ください