HOME > もし、任意売却でも売れない場合は? > もし、売れなかったらその原因は委任者にある?

もし、売れなかったらその原因は委任者にある?

任意売却を依頼する前に確認しておくべきことのひとつとして「100%売却できるわけではない」という事実があります。また、希望通りの価格で売れないケースもあるでしょう。このような、売れない任意売却の原因として最も多いのが、実は「委任者の非協力的態度」なのです。

任意売却においては、業者に一任すれば何もすることはない、ということではなく、家族全員がマイホームを処分するのだという気持ちを持ち、全員の理解・結束が得られることが大前提となります。

例えば内見希望があっても「都合が悪い」などと断ったり、ドタキャンをする方がいますが、売主がそのような非協力的な態度では、売れる物件も売ることができません。そうこうしているうちに時間切れとなり、競売にかかって「売れない物件」となってしまうのです。

そのほか、連帯債務者・連帯保証人とどうしても連絡が取れず、売却の同意が得られないことや、神奈川県への納税を滞納していたり、マンション管理費等の滞納があまりにも高額になり過ぎていること、債権者の同意が得られないほど関係が悪化していることなども、任意売却の「売れない原因」となります。

不可抗力での事情は除き、家族の理解・協力などは心構えに依るところが大きいものです。
任意売却の際には、こういったポイントを忘れず「売れない」という結果にならないよう対処しましょう。

神奈川県専門。ご相談料無料。そのお悩み、プロにお任せ下さい。
まずは一度、ご相談ください