1R/1K/1DKの中古マンション

大変申し訳ございません。ただいま新着物件情報を登録中です。

すぐに物件情報を取り寄せたい場合は、物件リクエストフォームよりご依頼いただければ、早急にご希望にあった物件をご連絡いたします。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

お電話の場合は、お客様専用ダイヤル0120-97-2139へどうぞ。(水曜定休・営業時間9時半?20時)


こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線


ほかの条件で検索する



中古マンションでの1R/1K/1DKって何が違うの?|キッチンと居室の構造の違いです

新築マンションでも中古マンションでも、購入の際にはまずは間取りを確認しますが、1R/1K/1DKなどの表示は、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。1R/1K/1DK(ワンルーム ワンケー ワンディーケー)の中で、まず1Rは、キッチンと居室が仕切られず一体化している間取りのことをいいます。仕切りがない分、居室スペースが広くなり、1Kや1DKに比べ家賃が低く設定されることが多いようです。


キッチンスペースが4.5帖までの部屋は「K」と表記され、キッチンと部屋の間に仕切り戸があればIKという表示になります。キッチンだけでなく、バス・トイレなどの水場スペースと居室が区切られていることがほとんどです。


1DKは、キッチンが4.5帖?8帖の間取りで「DK」はダイニングキッチンの略。1Kと同じくキッチンと居室は仕切られ、1Kよりキッチンが広がることにより、ダイニングキッチンで食事をし、居室はリビングや寝室として利用することができます。


このように1R/1K/1DKの違いは、キッチンと居室の構造の違いにあり、部屋のグレードや広さの違い、ということではありません。例えば1Rでも1Kや1DKよりグレード・広さともに勝る物件もあります。中古マンション購入検討時には、実際に使用する際の使い勝手や、賃貸に出す場合の需要状況などによって判断するといいですね。