渋谷区の中古マンション

1件中 1-1件を表示  

東京都渋谷区代々木3丁目 
(JR中央総武線・山手線・埼京線・湘南新宿ライン/小田急線/京王線/東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線・新宿線/新宿駅 徒歩7分 分 - バス/徒歩)
3,980 万円 (代々木コーポラス) 物件種別: 中古マンション

2LDK(59.94m2

小田急線「南新宿」駅徒歩5分。新規内装リノベーション物件。ペット飼育可(規約に準ず)です。 


1件中 1-1件を表示  
こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線


ほかの条件で検索する



渋谷区ミニ知識

渋谷駅周辺の雑然とした景観を思い浮かべる方が圧倒的で、「若者の街」としてイメージが定着してしまっているのは間違いありません。 しかし、実際に区全体を見ると、そうした賑やかな区域と、閑静で落ち着いた区域があることがわかります。もちろん、中古マンションの戸数も非常に多いです。 渋谷区は、国道246号が通っている南部と、甲州街道が通っている北部で大きく分けることができ、南部と北部では街の様子がかなり異なっています。


南部の区域は、かつての渋谷町と千駄ヶ谷町の町域で、渋谷や恵比寿といった都内有数の商業地や、原宿・表参道などファッションと若者文化の聖域のような街並みが広がっています。 一方北部の区域はというと、駅周辺以外は商業施設が少なく、住宅地域が多く残っています。 人気の高い地域だけにマンション建設も盛んですが、それでも大きな商業施設もできない地域なだけに住宅地としてのポジションは保たれています。 道玄坂、宮益坂など、渋谷駅界隈には坂の地名が多く、また実際に坂道も多いのですが、このあたりは台地の部分が多く、地下鉄であるはずの銀座線の渋谷駅が地上に飛び出しているのは、その地形の影響なのです。


中古マンションを購入する際には、周辺環境も大切な要素になりますが、駅までの通勤路に坂道があるとないのでは同じ距離でも所要時間は異なりますし、使う体力・労力も違います。 家の外観や部屋の機能だけで選ぶのではなく、何度か周辺を散策してから検討すべきだと思います。