小田原線の一戸建て

1件中 1-1件を表示  

東京都世田谷区船橋2丁目 
(小田急線/千歳船橋駅 徒歩13分 - バス/徒歩)
4,280 万円 (新築一戸建て

1SLDK(建物面積:55.08m2

2×4工法。外装建材【マイクロガード】。防火サッシ(高断熱複層ガラス)。ロフトあります。 


1件中 1-1件を表示  
こちらの物件も人気です!
東横線 / 南武線 / 田園都市線 / 港北区 / 中原区 / その他沿線

ほかの条件で検索する


小田原線沿線で一戸建て、注文住宅か建売住宅か|そのメリットとデメリット

芸術と自然が溶け込んだエリア・小田急小田原線沿線で一戸建てを購入する際、新築ならば注文住宅か建売住宅か、という選択があります。それぞれのメリット、デメリットを確認しておきましょう。


新宿駅から町田駅を経て、小田原駅を結ぶ小田原線の沿線は平野部の多い地域です。産業が発展しつつも、今なお豊かな自然に囲まれた街並みに惹かれて移住する文化人も多く、芸術や文学などが自然に溶け込んでいるエリアでもあります。


小田原線沿線で一戸建てを購入したい、と思った時、中古にするのか、新築ならば注文住宅か、建売住宅か、という選択肢があります。注文住宅では更地に自身が好きな住宅をオーダーして建築し、建売住宅では業者が建てた建売住宅と土地をセットで販売します。従来は、ハウスメーカーは注文住宅を主に扱い、ビルダーや不動産業者が建売住宅を扱っていましたが、近年ではその棲み分けは薄れつつあります。


それぞれの特徴を見てみると、注文住宅では、自分の好きな一戸建てを建てられる・建物の品質や工事過程を実際に見てチェックできる・一定水準の性能が保証されている、というメリットがあり、デメリットとしては、実際に建ってみないと分からない、という点があります。


一方建売住宅では、一般的に注文住宅に比べ価格が割安・土地を探す手間が不要・引越しまでの仮住まい費用が少なく済む、というメリットがあるものの、既に完成しているため、構造部分までは自分の目で確認できない、というデメリットがあります。もっと詳しくメリット・デメリットを知りたい場合は仲介手数料無料.zeroまで、お電話やメールでお問い合わせいただければ、不動産売買の専門スタッフが詳しくご案内させていただきます。


物件リクエスト受付中

ご来店のご予約はこちらから

お問い合わせフォーム

お探しの方はこちら

ご予約フォーム

物件リクエスト

駅から探す

 

エリアから探す

 

沿線から探す

 

価格から探す

 

間取りから探す

 

建物面積

 

土地面積

 

こだわり条件